部屋もすっきり一人暮らしに活用した収納ボックス

不動産

主婦の立場から見た注文住宅の間取り

オレンジ色の壁の家

注文住宅の間取りを考える際、家事をする主婦の立場から見て重要なポイントに、「家事導線」「収納」の二つが挙げられると思います。
まず家事導線について。これは誰しもが考えることだと思うので、見落としがちなところを取り上げると、「洗濯物を干す場所が十分確保されるか」という点になると思います。特に2階建て以上の住宅の場合、通常は高層階にベランダを設置しそこが物干しということになると思いますが、これが家事をする際時間がかかる要因になる場合があります。特に小さい子どもがいる家庭などの場合は、洗濯物を干したり取り込んだりするたびに子どもの安全に気を配りながら階段を上ったり下りたりするのはかなり負担となります。昼間の生活空間、たとえばキッチンやリビングに近い場所に物干し場を設置すればこの負担は軽減されると思います。
そして収納。寝室の隣にウォークインクローゼットを設置し、そこをメインの収納場所としているため、それ以外にはあまり収納スペースを取っていないというケースが多いと思うのですが、そうした場合は物理的には十分な収納スペースでもうまく生かせないということが起きてくると思います。たとえば普段の着替えなど、間取りを考える際には「すべて2階のウォークインクローゼットに置けばよいからと考えてしまうと思いますが、日々の生活の中でわざわざ2階まで必要なものを取りに行くことはやはり負担になると思います。物干し同様、普段の生活空間に近い場所に収納を多めにとっておくことが必要かと思います。

最新情報